オンラインスロット・オンラインカジノ紹介

当サイトは、国内のオンラインスロット・海外のオンラインカジノを中心に、ネットギャンブルで現金を入手する方法を紹介しているサイトです。
スロット好きは勿論、ギャンブル初心者でも簡単に、それでいて安全に遊ぶ事が出来る場所をご紹介していきます^^

目次

オンラインスロットのおすすめサイトは?

日本で運営されているオンラインスロットは、課金するとこによって景品ゲットのチャンスが生まれます。
基本的には毎日ログインボーナスをゲットして、ゲーム内のポイントを少しずつ貯めて、ポイントが溜まったら遊ぶ。
これを繰り返す事で例え無課金だろうと景品ゲットの可能性が広がります。
あまり元手をかけずに稼いでいくためには、多くのサイトに登録しておく必要がありますので、本格的に稼ぐつもりであればいくつか登録をしておきましょう。

それではおすすめのオンラインスロットサイトをいくつかご紹介していきます。


  ディーチェ

ディーチェは国内で最も古いオンラインスロットの老舗とも呼ばれているギャンブルサイトです。
2016年11月より無料会員に1万円分のポイントをプレゼントする豪気なキャンペーンが実施中。


Reno

オンラインスロットの中でも、入金キャンペーンが多くユーザーの人気も高いサイトです。
安定した運営をしてくれているサイトなので、他のサイトよりも閉鎖リスクは小さいと思います。



キングガルフ
運営を開始したばかりのオンラインスロット(旧スロパラ)。始まったばかりのスロットサイトは、キャンペーンの実施が多いほか、
通常1000円から2000円の新規登録ボーナスが、キングガルフなら3000円分プレゼント!かなり遊びやすいのでおすすめです。



他にも色々なオンラインスロット会社がありますが、上記3つのサイトが今はおすすめです。オンラインスロットを初プレイされる方は、まずはこれらのサイトから始めてみましょう!

ちなみに、サイト内である程度ゲーム内通貨が溜まったら、次のような方法で現金にする事も可能です。よかったら参考にしてください。
>>オンラインスロットの換金方法

オンラインスロットは違法なのか?

オンラインスロットは、日本国内の会社が経営しているものは全て合法で遊ぶ事が出来ます。
きちんと特許を取得していますので、何も問題はありません。
日本のパチンコは安部政権の元、換金している事自体が認められましたので、これまでグレーゾーンと呼ばれていたのが完全にホワイトに変わりました。
なので、ゲームをプレイしてその後ギフト券などに変換、換金する事も問題がないと捉えて良いでしょう。
逮捕などの危険性も、皆無と言って良いでしょう。

オンラインスロットはいくら稼げる?

オンラインスロットはパチンコ屋と同じ還元率が設定されています。本来であればネット運営されている以上、運営費用は最小限に抑えられるのがオンラインスロットの特徴で、その分ユーザーへの還元が行われます。が、前述したとおり、オンラインスロットはパチンコ屋と同じ・・・。
これってせっかくのメリットを放棄しちゃっているようなものですよね。

というわけで、オンラインスロットは設定が辛く、本音部分で言えば全く稼げません(※あくまで個人的な意見です)
1年以上プレイしている人でさえも、プレイして勝てるかというと、五分五分。むしろ少しずつ負けると言われています。

オンラインスロットとオンラインカジノの違い

ディーチェやRenoを代表とする景品を交換するタイプのオンラインスロットは、日本国内で特別な許可を得て運営されています。
一方でKACHIDOKIカジノやベラジョンカジノといったこのページで紹介しているオンラインカジノは、他国でそれぞれ認可を得て運営されています。
つまり、オンラインカジノは日本の国では認可が得られているわけではないのです。
ただ単純に、対応が決まっていない。というだけです。

オンラインカジノのおすすめサイト

オンラインカジノをプレイする際に気をつけるのは、換金がきちんとできると確認できる所。そして初心者であれば日本語に対応しているサイトがおすすめです。
問題発生時に日本語でも対応してくれるのは正直嬉しいですね。
ではおすすめのオンラインカジノサイトを紹介していきます。


KACHIDOKIカジノ

日本のパチンコ・パチスロを研究して作った、まさに日本人向けの海外カジノサイトです。
日本語に対応していますし、スタッフの方も日本語で話せるので意思疎通がしやすく安心できます。4号機のパチスロが遊べるのも魅力


ベラジョンカジノ

新規入会で30ドルのプレイボーナスが貰えるので、入金する前にカジノの雰囲気を体験できます。
入金ボーナスもあり、日本人に好まれているサイト。紹介サイトによっては1位を取っていてもおかしくないです。


カジノ倶楽部ジャパン

カジノの雰囲気を自宅で味わえる!?ライブ中継で現地と直接つながるカジノです。
チャットで会話が出来ます綺麗なパツキン女性と。セクシーなドレスを着てくれているので見ごたえ十分ですね。

 

オンラインカジノはいくら稼げる?

オンラインスロットは還元率が85%、オンラインカジノが還元率95%となっていますので、稼げる金額は10%違う・・・というのはちょっと計算が違います。
なぜかと言うと、それは賭けれる金額の大きさが違うということです。
パチンコ店でのレートは1000円で250玉が基本です。1玉4円計算なわけですね。
一方でKACHIDOKIカジノのパチンコレートを見ると、1玉1セント~20セントまで変更が可能です。
1ドル100円と計算すると、カジノであれば1玉20円。つまりはパチンコ店の5倍なわけです。スロットコインのレートも同じくだいたい5倍です。
ここまで言えば分かると思いますが、つまりはそれだけ動いている金額がでかい!というわけで、稼げる金額がパチンコ店の3~5倍だと囁かれるのもこういった事情からでしょう。
実際に、1ドルのスロットでいきなり当たって400ドルゲットした。なんて話も友人から聞いた事があります。(本人は間違えて高額ベットして超あせったらしいですが)
稼げる金額は事実上3~5倍ぐらいだと考えてよいでしょう。

オンラインカジノを遊ぶ際の注意点

稼げる金額が偉く違う、というのはお分かりいただけたかと思いますが、これがどういう事かと言うと溶けるときもスゴイ勢いでお金が溶けるという反対の面も持っているわけです。
勝てる金額も5倍なら、負けるときも5倍・・・と賭ける前に自制できると思いますので、そこまではいかないとは思いますが、可能性としてはそれぐらいの危険性があるというのは認識しておかなければなりません。
更に言えば、オンラインカジノは国内では目の敵にされている風潮があり、警察もあからさまにカジノやってる人を監視している雰囲気をかもし出しています。
現実的にオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事件などを見るからに、警察としては違法と認識しているようです(法律上違法とはなっていませんが)。
なので、プレイするときは人に言いふらしたりせず、大人しくやっていく事が、安全にカジノで遊ぶためには必要なわけです。

今回は自らがハマっているスロットについて紹介しようと思います!
友人がスロットを打っていて、いわゆる「連れ打ち」というものでパチスロ店に足を運んだのが最初でしたね。最初に打った日は2万勝ちました!
ビギナーズラックって本当なんだなぁと思いましたwそれで味を占めちゃった訳ですよ!
本当に今思うと自分でもバカだなと思います。
それ以来生活の一部と言っていいほど足を運ぶようになり、負け続け、財布の底を見ることが何回もありました。
そう簡単には勝てないということですね〜。
詐欺っぽい攻略サイトにお金を払ったこともあります(自分が払ったところは優良でしたが)。攻略サイトにお金を出したら、本当の本当にギャンブル依存なのではないかと思います。もはや趣味のレベルを超えてスロットで生活しようとしてますからね。
そう意味でも、自分はギャンブル依存だなと思います。正直抜け出せないです。そもそも今抜け出そうと思っていない。あのお金が増えて帰ってくる感覚を一度覚えてしまうと絶対と言っていいほどハマります。
ただ、それほどの魅力がスロットにはあるということです。少しばかし魅力を話そうと思います。このままだとネガティブキャンペーンになってしまうのでw

まず一番に、お金が増える可能性がある。

まぁギャンブルなので当たり前ですが一番はここなんですよね。

次に、他のギャンブルより還元率がいい。

まず還元率というのは、どれくらいお金が帰ってくるかをパーセントでだしたものです。例えば還元率が101%だったら、1万円使えば、1万100円になるということです。
カジノが一番高いのですが、日本ではできないのでカジノを除くとパチンコ、パチスロが一番高いんですね。他のギャンブルより勝ちやすいというのが特徴です。

勝った時のあのなんともいえない快感、優越感

これですね、世のギャンブル依存達はこれに魅力されています。私もその一人です。

これくらいでしょうか。
今でこそ私は収支がプラスになっているとはいえ、財布の底をついた時の絶望感は一生忘れないでしょうね。それほどにキツイものでした。
趣味やスロットの演出を楽しむ程度なら良いのですが、これからスロットで生活していくぞ!と思っている方。スロットで稼いでバイトなんてやめてやるっと思った学生さん。
そんなに甘くないですよ!
とだけ言っておきます。

ザ ヴェネチアン マカオ リゾートでカジノを体験してきました

13年間勤めた会社を退職した際、自分へのご褒美だ!という事で、夫婦二人でマカオのカジノへ。
海外へは何度か行った事がありましたが、中国圏内は初。
ましてやカジノなんて、やったこともなかったので、ワクワクしながら飛行機に乗りました。
いざ、マカオに到着すると、空気が白く濁ってました。添乗員さん曰く、霧とのことでしたが、私達夫婦は内心PM2.5ではないのかと思ってました。
実際のところはわかりません。

せっかくのご褒美旅行なので、ホテルはザ ヴェネチアン マカオ リゾート。ホテルにチェクインした後、奥に進むと、ギンギラギンに輝くカジノエリアが!
ここがカジノっちゅーやつか!とテンションも上がり、とにかく部屋へ荷物を置きに行きました。
早速、荷物を置いて1階のカジノへ。
柵付きの銀行の窓口みたいなところがあり、そこが両替コーナー。とりあえず、二人で10万円両替。ワクワクしながら、カジノエリアを探索。

・・・。

想像してたのと何か違う。さすが中国圏内。
禁煙エリアでガンガン煙草を吸う人や、絨毯にタンを吐く人。ゲームもしないのに、ゲーム機の前でひたすら携帯を触っている人や寝てる人。何だか、カジノではなく地元の大きいゲームセンターに来た気分。見渡してみると、日本人は少なくほとんどが中国の方っぽかったです。たまにインド人ぽい方とかも居てました。
ヨーロッパ系やアメリカ系の方は皆無・・・。
そりゃあこんなゲームセンターでお金落とすよりは、ラスベガスとかに行った方がよっぽど楽しいですよ。失敗したなー。ってその時は思いました。

そんな中、せっかく来たしと気をとり直しゲーム機の前へ。
最初はスロット!テレビでよく観る、レバーの付いた大堂のスロットに挑戦。やり方もbed数も分からないまま、あっという間に3万円くらい溶けました。
ありゃりゃと思い、違うゲーム機へ。ゲームの名前は分かりませんが、サイコロのゲームで1万円くらい取り戻し、バカラへ移動。そして、また5万円くらい溶けました。
夫婦揃ってそんな感じ。

一旦、カジノエリアから脱出し、観光へ。街並みは、中国風の建物とポルトガル風の建物が建ち並び華やかです。観光地なので飲食店やお土産屋さんも多いです。
煙草も吸えます。ちなみに角煮バーガーが美味しかったです(笑)
もはやカジノ関係ないですけど、マカオタワーでは恐ろしい高さからバンジージャンプをしている人が居ました。
私達は当然、観客側です。あんな恐ろしい高さから飛べるわけありませんよ。

そんなわけで観光を楽しんだ後、ホテルに戻って再度カジノへ。とにかく大きいゲームセンター感が否めないマカオのカジノ(笑)
時間も遅くなってくると、カジノエリアへ行く廊下で寝てる人もいました。日本では考えられませんが、海外ではあるもんなんですね。
ホテルの従業員の方も注意しない所が海外っぽい。こんな経営で本当の金持ちが来るわけないですよ。

ちなみに、マカオのカジノではポイントが貯まるカードがあるらしく、私達が遊んでいるゲームの後ろから、知らない人が勝手に自分のポイントカードを差し込んで来ます。
人の遊んでいるゲームから、ポイントをもらって貯めようとしてるんですね。

何かを言ってきてましたが、中国語ぽくて全く分かりません。

少し言い争いになり、ホテルの従業員がやってきました。

するとナントイウコトデショウ!

ホテルの従業員が、私に何かを言って、再度ポイントカードを差し込んできました。

ふざけるなおい!!!!!(激怒)

当時は私も若かったのでしょうか、いや、これは誰でも怒っていいレベルww
カードを抜き取って床に捨てて、その場を去りました。なんちゅー従業員だよ。。。

気分が悪いので、ザ ヴェネチアン マカオ リゾートのカジノを出て隣のホテルのカジノへ。
置いているゲームは、ほぼ同じです。広さが違うくらい。どこもやっぱり大きいゲームセンター感が否めません。
イルミネーションのショーをやっているホテルがあったので、それだけ見て自分たちのホテルへ戻りました。

マカオのカジノは24時間稼働してます。寝ないで1日遊べます。私達も結構長い時間、カジノで時間を使いました。
まぁ、旅行の目的がカジノだったのでいいんですが。。。お腹が空けば、ホテルのフードコートで食べて、再度カジノに戻る。
でも、夜22時か23時頃になると、フードコートも閉まってしまうので、24時間遊びたい人は、何か夜食を買っておく事をオススメします。

ホテル自体は結構綺麗でした。見晴らしもいいですし、電源も変圧器を持って行かなくても携帯の充電器をそのまま使えました。
1階の飲食店街はたくさんのお店がありますし、そこそこ美味しいです。店員さんの態度は別ですがね・・・。
海外に来ると、日本のおもてなし精神や、サービス精神の高さを再確認させられます。
マカオは基本的に広東語みたいで、英語も日本語も通じません。せめてカジノのスタッフぐらいは英語をしゃべれよ!とつっこみたくなる事うけあい。店員さんとのやり取りで困っていた私達を、隣に座っていた香港人カップルが助けてくれたのは良い思い出です。

そんなこんなで、総額で30万くらいですかね。マカオに貢献して帰って来ました。
カジノっていうのは、なかなか勝てないもんですね。楽しいのは楽しかったですけど。

日本ではカジノができるまでは体験できませんし、一度行ってみるのも悪くはないと思いますよ。
でも、もし次回カジノに行くのであれば、次はラスベガスの方がいいかな、と思っています。

カジノの本場のラスベガスの方ならば、マカオみたいなゲームセンター感溢れるカジノではなく、本場ならではの雰囲気が楽しめるのではないかと勝手に想像しています。

結論。

マカオでカジノに行っちゃダメですよ。


KACHIDOKIカジノ

日本のパチンコ・パチスロを研究して作った、まさに日本人向けの海外カジノサイトです。
日本語に対応していますし、スタッフの方も日本語で話せるので意思疎通がしやすく安心できます。4号機のパチスロが遊べるのも魅力


ベラジョンカジノ

新規入会で30ドルのプレイボーナスが貰えるので、入金する前にカジノの雰囲気を体験できます。
入金ボーナスもあり、日本人に好まれているサイト。紹介サイトによっては1位を取っていてもおかしくないです。


カジノ倶楽部ジャパン

カジノの雰囲気を自宅で味わえる!?ライブ中継で現地と直接つながるカジノです。
チャットで会話が出来ます綺麗なパツキン女性と。セクシーなドレスを着てくれているので見ごたえ十分ですね。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP